創業1904年 私たちは、計る「基準」を作っている会社です。

おすすめ製品

水の三重点セル

・国家計量標準製品
・一次温度計
・安心の日本製

基準ガラス製温度計

【基準器検査】
取引若しくは証明における計量に使用される特定計量器の検定や製造等は、計量法で定められています。これらの検査の信頼性を確保、維持するためには、一定の精度を有する計量器が必要です。また、この計量器を検査するためにはさらに上位の計量器が必要になります。これらの計量器を検査するのが基準器検査です。
基準器検査の内容は、構造検査及び器差検査です。基準に適合すると基準器検査証印が付され基準器検査成績書が発行されます。

【基準器検査を受けることができる対象者は、限定されています】
(法第102条、基準器検査規則第2条)
下記に該当する場合のみ販売可能です。
・届出(製造・修理)事業者
・指定製造(事業者・者)
・指定(検定・定期検査)機関
・計量士
申請の際は、確認書類が必要となります。

ネオブルー標準温度計(二重管)

・計量標準として使用可能な高精度水銀フリー温度計
・水銀を使用できない現場での代替品
・JCSS校正、一般校正対応
・再校正対応
・日本製(自社工場生産)

ネオブルー標準温度計(棒状)

・計量標準として使用可能な高精度水銀フリー温度計
・水銀を使用できない現場での代替品
・JCSS校正、一般校正対応
・再校正対応
・日本製(自社工場生産)

ネオブルー温度計

・計量標準として使用可能な高精度水銀フリー温度計
・水銀を使用できない現場での代替品
・JCSS校正、一般校正対応
・再校正対応
・日本製(自社工場生産)

JIS B 7414 表6-浸没線付温度計

・JIS規格温度計
・JCSS校正対応、一般校正対応
・再校正対応
・日本製(自社工場生産)

東亜計器製作所 ガラス温度計へのこだわり

東京都大田区にある株式会社東亜計器製作所は明治37年創業。
基準硝子製温度計を継承し製造している、計る「基準」を作っている会社です。

お知らせ

2018/07/02
ホームページリニューアルしました。